彼こそ、中西祐樹!

ども!りょーやです!

今回までのブログ(「沖縄にて寄処を想う」「寄処にて寄処を想う」)で僕の寄処への想いはお伝えしてきました。

今回はゆーきについて語ります。

ゆーきは僕らMiNSのリーダーであり、Labore 株式会社の社長です。

f:id:MiNS:20190926190521j:image

常に笑顔とユーモアを絶やさない…

f:id:MiNS:20190926190543j:image
f:id:MiNS:20190926190724j:image

無邪気でちょっぴり無謀なリーダー…

優しくて、ムキムキです💪

〜〜〜〜〜〜〜〜

ゆーきの生まれは岐阜。

父母と祖父母にたっぷりの愛情を注いでもらって、一人っ子としてすくすく成長しました。

家族という絶対的な拠り所があったことで、彼はのびのびと冒険することができたのでしょう。

さまざまなスポーツにチャレンジした小中高時代。

いつもたくさんの友達に囲まれていたそうです。

そして、大学に入ってからは冒険の範囲が世界にまで広がります。

バックパッカーとして、フィリピン、タイ、インド、ネパールなどを旅しました。

アットホームな雰囲気で迎えてくれる世界の村々を訪れ、だんだんとその魅力の虜となっていきます。

無条件で温かく出迎えられ、素の自分をさらけ出すことにためらいがいらないような場所。

ゆーきは、事あるごとに僕らに何度も語ります。

フィリピンを離れるとき、最後に現地のみんなとキロロの「未来へ」を歌ったのだと。

出だしの「ほ〜らー♪」すら言えずに、「ほぉーー、ほぉーーー、ウグッ(号泣)」と涙が止まらなかったのだと。

その話をする度に、ゆーきはなんとも言えない幸せそうな顔をするんです。

ゆーきは常に笑顔を絶やさないし、常にたくさんの人たちに囲まれている人生だったはず。

そんなゆーきの中で、フィリピンでのことが特別強烈な記憶として残っているのはどうしてなのでしょうか…

その辺はいつかゆーきが語ってくれるでしょう。

2019年1月ごろ、ゆーきはゲストハウスをやることを決めます。2月にはメンバーが4人になり、加速していきます。

f:id:MiNS:20190926213136j:image
f:id:MiNS:20190926213250j:image

こんなことを呟いたりしてたんですね(^^)

四月には、新入生を狙ってMiNSで五福公園にてフリーマーケットを開催します。

f:id:MiNS:20190926214042j:image

ここで、仲間が2人増えます。

そう、何を隠そう、ぼくはこのタイミングでMiNSになったのです。

あれからもうすぐ半年が過ぎようとしています。

有意義の濃縮液か!という濃い半年でした。

たくさんのことにチャレンジし、たくさんの人に会いに行きました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

僕はゆーきにすごく感謝しています。

そして、ゆーきが大好きです。

最初に旗を掲げてくれた。

いつでもポジティブでいてくれて、ピンチの時ほど不敵にほほえみ、誰に対しても優しく接する器の大きさ…まったくなんてイケメンなんだ…

朗らかで、大胆で、ユーモアたっぷりで、ちょっぴり寂しがりやで、オバケが怖くて(笑)、今も幼稚園の頃のはさみを大事に使っている、

そんな社長

彼こそ、

中西祐樹です!

Labore 株式会社が面白くなること間違いなし!

寄処が最高の居場所となるためにアップデートし続けること請け合いです!

今日も最後までお付き合いいただきありがとうございました🙇‍♂️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です