ばんちゃんのこのまんががすごい!!

みなさんこんにちは!ばんちゃんです!今週もあっという間に日曜日がやって来ました!今週はちょっと紹介の仕方を変えて…

『赤髪の白雪姫』『コレットは死ぬことにした』『薬屋のひとりごと』の三冊一気に紹介します!

さっそく『赤髪の白雪姫』から!

『赤髪の白雪姫』は「LaLa」にて連載中の大人気看板少女漫画です!まずはあらすじから!

主人公白雪はリンゴの様な赤髪の‘’薬剤師‘’。国で薬屋を営んでいた彼女はその赤髪を理由に生まれ育った国であるタンバルンの王子ラジに妃の座を用意される。拒否する形で自ら髪を切り国を出た白雪は、辿り着いた隣国クラリネス王国の森でゼンと名乗る少年と出会う。しかし、白雪を追ってきたラジから助けてくれたゼンの正体はクラリネス王国の第二王子だった。ラジとの一件にけりを付けた白雪はゼンに誘われるままクラリネスに居を移し、‘’宮廷薬剤師‘’として働きながらさまざまな人と出会い、ゼンの隣に立てるよう道を進んでゆく―

あらすじザクっと見て分かったかと思いますが、『赤髪の白雪姫』は少女漫画王道中の王道とも言える恋愛×王子様×ファンタジーというなんとも贅沢な漫画です!私は普段あまり恋愛漫画は読まないのですが、『赤髪の白雪』はドはまりして全巻揃えてしまいました(笑)
アニメも二期分出ていますのでそちらも非見てみて下さい!

それでは次は『コレットは死ぬことにした』を紹介します!

こちらも『赤髪の白雪』同様少女漫画です。「花とゆめ」にて絶賛連載中のこの漫画は‘’薬師‘’コレットと冥府の神ハデスの出会いから始まります。「死ぬことにした」やら「冥府」やらなんか意味分からんと思いますが、取り敢えずあらすじを読んでください!

村で‘’薬師‘’を営む

コレットはある日多忙な日々から逃げ出したくなり、診療所の裏手にある井戸に飛び込んでしまう。しかし、飛び込んだ先に待っていたのは死後の世界…ではなく、死後の世界一歩手前の冥府だった。一瞬は働かなくてよい冥府に心躍らせたコレットだったが、自身が‘’薬師‘’であることをガイコツに話したことをきっかけに、冥王ハデスの病を治すことになる―

はい。意味不明ですね。井戸に飛び込んじゃいました(笑)あらすじだけだと本当に??かもしれませんが、物語はすごく面白いです!この漫画には冥王ハデスをはじめさまざまなオリンポス神が登場します。神話好きさんなら必見です!可愛らしい絵とコレットの奮闘ストーリーは読んでいてほんわかしますよ。巻数が進むととっても可愛いカワウソなんかも出てきます。是非読んでみて下さいね!

最後は『薬屋のひとりごと』です!こちらの漫画はタイトルを知っている人多いのではないでしょうか?この漫画はオンライン小説・ライトノベルを原作としたオンライン漫画です!インスタとかツイッターとかに最近よく広告で出てきますよね。現在は「月刊ビッグガンガン」「月刊サンデーGX」の二社にて同時連載中です!それではストーリーを紹介します!

花街で‘’薬屋‘’をしていた主人公猫猫(まおまお)は、化粧の材料を調達しにいく道中で人さらいに遭い、後宮に下女として売られてしまう。年季が明けるまで目立たぬように勤めるつもりであったが、ある日後宮で皇子の衰弱事件が起こる。‘’薬屋‘’という職業柄、衰弱の原因が後宮で使われるあるモノによるものだと感づいた猫猫は、布の切れ端に原因を書き妃達に送ったことで宦官である壬氏の目に留まり、後宮で起こるさまざまな事件の解決を手伝わされることとなる―

この漫画は先に紹介した二作とは違いミステリー要素を含んだ後宮ストーリーです。中国を思わせる架空の帝国を舞台に、後宮に勤める下女が薬学の知識でさまざまなミステリーを解き明かしていきます。SNS系の広告をポチってアプリをダウンロードすれば無料で全話読めるのも魅力の一つです!紙の方では「ビッグガンガン」版が現在6巻、「サンデーGX」版では8巻まで出ています。内容はあまり変わりませんが、「ビッグガンガン」版は原作を分かりやすく圧縮・修正された内容、「サンデーGX」版はそのまま原作通りの内容となっております。

今回3冊同時に紹介したのは「主人公が“薬師“」という共通点があるからです。“薬師“という立場の主人公が、全く異なる世界観の物語に登場するこの3冊。是非読み比べてみてくださいね!

今回紹介した漫画は三冊とも全巻揃えているので読みたい人いたら言ってください!貸します(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です