ばんちゃんのこのまんががすごい!!

こんにちは!ばんちゃんです!前回はグロ系を紹介してしまったので、今回は至って健
全な『アルスラーン戦記』(漫画版)を紹介します!(本当は表紙詐欺漫画『あそびあそば
せ』を紹介しようと思ったのですが、私が漫画を持っていないので画像を入手できませんで
した)こちらはまた機会があったら紹介します。気になる方は「あそびあそばせ アニメ」
で検索してみて下さい。一話見れば詐欺の意味が分かります。
それでは気を取り直して!皆さん『アルスラーン戦記』って聞いたことありますか?今回
紹介するのは漫画版ですが、原作は 16 冊からなる長編小説で、原作はなんと 31 年もの月
日を経て(長すぎでしょ…31 年て言ったらワンピースが始まる前だよ…)完結しました!
31 年引っ張りに引っ張っての衝撃のラストには賛否両論があったようです。ネタバレにな
るので内容は言えませんが、私も結末を受け入れるのに時間が掛かりました…。
『アルスラーン戦記』の気になる表紙はこちら!

漫画版は『鋼の錬金術師』生みの親である荒川弘先生が描いています!
タイトルにもある通り“戦記”と書いてあるので大河ファンタジーものですが、女性の方で
も気軽に読める内容だと思います!
それではあらすじを簡単に説明します。
大陸公路の中心で栄えたパルス王国。心優しき王太子アルスラーンは、父アンドラゴラス三世からは疎まれ、絶世の美女である母タハミーネからは無関心に扱われつつも臣下とは親交を持ち得ていた。ある日、14 になったアルスラーンは敵国ルシタニアとの戦争で初陣を果たすもパルス万騎長カーラーンの裏切りによって敗北する。臣下の命と引き換えに一生を得たアルスラーンは最強の武将ダリューンと共に逃げ延び、策に長ける芸術家ナルサスとその従者エラム、女神官ファランギースと楽士ギーブを仲間に加え、王都の奪還を目指す。
この物語は 14 歳の少年だったアルスラーンが仲間を得、武術を磨き、王都を奪還する話
ですが、中には宗教や文化に関するいざこざや争い、貧困、奴隷問題も盛り込まれています。
物語の中で登場する代表的な宗教にイアルダボート教というものがあるのですが、その宗
教の教祖は“異教徒”は絶対的悪であり、殺しても良いという考えを持っていて信者たちに
布教しています。その教えに従いアルスラーン殺害を命じられていたエトワールという兵
士は最初アルスラーンを殺そうと襲い掛かりますが、物語が進行するうちに他教徒への理
解を示し、“異教徒”の考えを改めるようになるなどキャラクターの成長も見どころです。

また、作中ではアルスラーンは自分が最善だと思った方法で人々を救おうと奮起するの
ですが、人によっては最善ではないといった場面もたくさん出てきます。必ずしもみんながみんな、同じ考えではないということ気づかされる漫画ではないかと私は思います。


『アルスラーン戦記』もアニメ化されているのでぜひ見てみて下さい!アニメの方が少し
漫画より進んでいた…?はずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です